CVS

center-name

AIST
 センター長挨拶Policy Statement研究テーマ研究活動研究成果Technical Reports書籍共同研究集会支援English
 研修コース ・ニュースレター ・CVS Staff ・アクセス 採用情報  ・お問い合わせ ・更新履歴 ・プレスリリース ・カレンダーHOME 

CVS Training Course

数理的技法(formal methods)が学べる

CVS研修コース

現在、ソフトウェアや情報処理システムは複雑で規模の大きなものとなり、開発の際に高い信頼性を保証することが難しくなってきています。というの も、多くの場合システムは限られたテストケースについてしか動作を確認できません。障害の原因となる、開発者の意図しないシステムの振る舞いは、システム稼動後に初めて発見されるのです。

このような問題に有効な技術が「数理的技法」(Formal Methods)で す。 特に、システムの意図 されていない振る舞いを発見することに大きな威力を持ちます。既に地下鉄の運行システム、原子力発電所の制御、通信プロトコルなど信頼性を求められる多くのシステム開発で活躍し、バグの発見と信頼性の向上に貢献しています。

産業技術総合研究所システム検証研究センターでは、企業におけるシステム開発に数理的技法を適用してきた経験をもとに、各種研修コースをシステム開発に携わっている技術者やマネージャの方々、また数理的技法その応用に興味を持つ方々のために開発しております。

CVSでは、このような数理的技法を学ぶための研修コース体系をCVS教程と呼び、モデル検査法や対話型検証法を通じて体系的学習していただくための教材・教科書などを開発しております。

開発コース体系(詳細はCVS教程をご覧ください。)

● モデル検査研修コース

● 対話型検証研修コース

その他コースも現在開発中です。


産総研ホーム > 組織 > 研究センター > システム検証研究センター
Copyrights (C) 2005-2010 AIST Research Center for Verification and Semantics, All Rights Reserved.