CVS

center-name

AIST
 センター長挨拶Policy Statement研究テーマ研究活動研究成果Technical Reports書籍共同研究集会支援English
 研修コースニュースレター ・CVS Staff ・アクセス 採用情報  ・お問い合わせ ・更新履歴 ・プレスリリース ・カレンダーHOME 

◆ サブ メニュー ◆
Web版 システム検証の事例報告集

Web版 トップ頁へ

▼ 一覧から探す
  1. 項目一覧

  2. 概要一覧

▼ 話題別に探す
  1. 領域

  2. 形態

  3. 手法

  4. ツール

  5. 実施年度

事例 11: 便益性評価のためのデータ収集実験と評価


実施年度2004,2005
概要 形式的技法の便益性評価をする目的で実際のシステム開発のプロセスデータ収集 を行った。また、そのシステム開発に「モデル作成にもとづくレビュー手法」を 適用するプロセスのデータを取得する実験もした。さらにそこで得られたデータ を解析し便益性評価を行った。
担当者 古澤仁、河本貴則、崔銀惠、渡邊宏
班名 評価法研究班
寄与 CREST、文科省科振費
関連する事例 事例 2:Webアプリケーションの基本設計書の検証

題材

領域 Webアプリケーション
題材の詳細
システム検証センター内で開発予定であった図書管理システムWebアプリケー
ションの基本設計書。開発案件は、ユーザ数50〜100人程度、蔵書3000冊を管理
するWebベースの業務システム。「ログイン」、「ログアウト」、「蔵書検
索」、「貸出」など24の機能、約60の画面からなる。
このうち「購入貸出」、「貸出予約」、「貸出」、「ログアウト」の4つの機能
の部分を
検証の対象とした。
形態 仕様書
言語 日本語
規模 A4ファイル226ページのうちの10数ページ
題材の情報源 「検証における記述量爆発問題の構造変換による解決」研究に関する「ソフト ウェア開発、特に上流工程におけるリスク管理のためのデータ収集実験」向け図 書システムのシステム仕様書 (非公開)

検証のデータ

目的
仕様書のレビュー
検証内容
「モデル作成にもとづくレビュー」は基本設計書のレビューに相当。
手順に沿って基本設計仕様(画面遷移図、画面設計書、機能概要説明書)からモ
デル(非同期に通信するプロセス)を作成し、作成途中で基本設計仕様の記述漏
れ、抜けを見つける。
結果
(検証の結果)
基本設計書の中に画面遷移先不足1件、ボタンの記述漏れ1件の合計2件の不備を
見つけた。これらは、「モデル作成にもとづくレビュー」を実施する前に行われ
た通常のレビューで検出できなかった不備であった。

(プロセスデータの解析結果)
通常のレビューと「モデル作成にもとづくレビュー」を比較することを目標に分
析方法を検討した。分析では、コストをレビューに費す時間、効果をレビューで
見つかる不備の数と定義し、コストと効果の二つの面で通常のレビューと「モデ
ル作成にもとづくレビュー」を比較した。比較の結果、この実験では、「モデル
作成にもとづくレビュー」は通常のレビューよりコスト、効果の両面で優れてい
た。データ分析のさい、収集したデータを補完するため、基本設計から「モデル
作成にもとづくレビュー」を適用するコストの見積方法も開発した。
検証手法 モデリング手法、モデル作成、コスト見積
モデル化法 手動
使用ツール UPPAAL
スケジュール、
労力、時間など


備考

情報源

算譜科学研究速報
(テクニカルレポ-ト)
PS-2005-018, Efficiency Analysis of Model-based Review in Actual Software Design, Hitoshi Furusawa, Eun-Hye Choi, Hiroshi Watanabe, http://unit.aist.go.jp/cvs/tr-data/PS05-018.pdf
形式的技法の便益性評価のためのデータ収集実験. Web システムの上流設計工程において., 古澤仁, 渡邊宏, 河本貴則(奈良先端大学院大学情報科学研究科), 崔銀惠, 算譜科学研究速報, PS-2005-017, pp.196-207, http://unit.aist.go.jp/cvs/tr-data/PS05-017.pdf
論文発表 Efficiency Analysis of Model-based Review in Actual Software Design,崔 銀惠、古澤 仁、渡邊 宏,Proc. of the International Conference on Software Engineering,-604,pp.-607、2006/05
モデル作成にもとづくレビュー手法の提案 −Webアプリケーションの基本設計 に対して−,河本 貴則、渡邊宏,第二回システム検証の科学技術シンポジウム 予稿集平成17年10月20日(木)・(金) 於:千里ライフサイエンスセンター  算譜科学研究グループ研究速報 PS-2005-017,-,pp.122-134、2005/10
口頭発表 ポスター発表 Efficiency Analysis of Model-based Review in Actual Software Design,崔 銀惠、古澤 仁、渡邊 宏,The International Conference on Software Engineering (ICSE),Shanghai, China、2006/05/23
形式的技法の便益性評価のためのデータ収集実験 -- Webシステムの上流設計工程 において --,古澤 仁、渡邊 宏、河本貴則(奈良先端大学院大学情報科学研究科)、 崔 銀惠,第二回システム検証の科学技術シンポジウム,大阪府豊中 市、2005/10/21
知的財産
その他

産総研ホーム >  組織 >  研究センター >  システム検証研究センター
Copyrights (C) 2005-2010 AIST Research Center for Verification and Semantics, All Rights Reserved.