CVS

center-name

AIST
 センター長挨拶Policy Statement研究テーマ研究活動研究成果Technical Reports書籍共同研究集会支援English
 研修コース ・ニュースレター ・CVS Staff ・アクセス 採用情報  ・お問い合わせ ・更新履歴 ・プレスリリース ・カレンダーHOME 

システム設計検証技術研究会運営会則

平成17年4月1日

独立行政法人産業技術総合研究所コンソーシアム設置規程(17規程第44号)に基づいて設置する、システム設計検証技術研究会の運営等に必要な事項について、次のように定める。

(設置)
第1条 独立行政法人産業技術総合研究所(以下「研究所」という。)システム検証研究センター(以下「研究センター」という。)に、システム設計検証技術研究会(以下「研究会」という。)を設置する。

(目的)
第2条 研究会は、産業界、学界、公的研究機関等の技術・研究関係者によるシステム設計検証技術に関する講演会を実施するとともに、関係者相互の技術交流基盤を強化し、我が国のシステム設計検証技術の産業界への普及に資することを目的とする。

(事業)
第3条 研究会は、前条の目的を達するために、次の各号に掲げる事業(以下「事業」という。)を行う。

一 2ヶ月に1回程度、講演者を招待しシステム設計検証技術に関する講演及び討論を開催する。
二 システム設計検証技術に係る産業界、学会及び公的研究機関の技術関係者間の情報交換を行う。

(会員の種別)
第4条 会員とは、本会則に賛同し、本研究会に参加して本事業の推進を計る者で、法人会員及び個人会員からなる。

一 法人会員とは、企業等の法人又は団体とする。
二 個人会員とは、会長の承認を得た大学・公的研究機関に所属する者とする。
 

(会員の権利・義務)
第5条 会員は次の各号の権利を有す。  

一 本事業への参加  
二 第7条に定める総会(以下「総会」という。)への参加及び議決権の行使

2 会員は、次の各号の義務を負う。

一 会員は、第10条の規定に基づき運営費を負担するものとする。
二 会員は、研究会の定める規約その他研究会の運営に関わる諸規定等及び総会の議決を遵守しなければならない。
 

(役員)
第6条 研究会に、会長を置く。
2 会長はシステム検証研究センターの推薦を得た同センターの者が研究会会員の指示決議を得てこれにあたる。

(総会)
第7条 総会は、会長が毎年招集する。
2 議長は、会長が務める。
3 総会は、本研究会の運営に関する次の事項を決議する。

一 事業計画及び運営費に係る収支予算
二 事業報告及び運営費に係る収支決算
三 その他、運営に関する事項

4 総会は、会員の過半数以上の参加をもって成立し、総会の議決は出席者数の過半数で決する。可否同数の場合は議長の決するところによる。

 

(事務局)
第8条 本研究会を運営するために産総研システム検証研究センター内に事務局を置き、次に掲げる業務を行う。

一 会員及び入会希望者の照会業務
二 総会の円滑な運営に関わる業務
三 本会の出納管理業務
四 その他、会長が必要と認める業務

2 事務局長は設置責任者が務めることとする。

(会計年度)
第9条 本研究会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(運営費)
第10条 研究会の事業の運営に必要な経費は、以下各号により会員の会費をもってこれを充てる。

一 法人会員の一会計年度の会費は、100,000円とする。
二 個人会員には、会費を課さないものとする。

(知的財産権の帰属等)
第11条 会員は、本研究会の活動において発明等を行った場合は、当該発明等に係る知的財産権(以下「知的財産権」という。)の持分については、会員が単独で行った発明等はそれぞれ単独所有とし、共同で行った発明等は貢献度を踏まえて共有するものとする。
2 会員は、共有する知的財産権が実用化されるときは、持分に応じた実施料の配分などを定めた実施契約を締結する。

(秘密保持契約)
第12条 会員は、本研究会の事業において秘密情報を開示しようとする場合、別途秘密保持契約を締結する。

(解散)
第13条 本研究会の解散は、本研究会の運営が困難となった場合、総会の議決を得て会長がこれを行うものとする。

(会則の変更等)
第14条 本会則の改廃については、総会の議を得て定める。

(設置期間)
第15条 本研究会の設置期間は1年間とする。ただし、総会において事業継続の意思が表明され、かつ産総研としての特段の異議が表明されない場合は自動的に1年間延長される。

(雑則)
第16条 本会則に定めるもののほか、研究会の運営に必要な事項は総会の議を経て会長がこれを決定する。

附 則  この会則は、平成17年4月1日から施行する。

産総研ホーム > 組織 > 研究センター > システム検証研究センター
Copyrights (C) 2005-2009 AIST Research Center for Verification and Semantics, All Rights Reserved.