CVS

center-name

AIST
 センター長挨拶Policy Statement研究テーマ研究活動研究成果Technical Reports書籍共同研究集会支援English
 研修コース ・ニュースレター ・CVS Staff ・アクセス 採用情報  ・お問い合わせ ・更新履歴 ・プレスリリース ・カレンダーHOME 

システム設計検証技術研究会
開催スケジュール 

◆平成21年度システム設計検証技術研究会の活動報告

おかげをもちまして、システム設計検証技術研究会は平成21年度の活動を終了いたしました。ご支援ありがとうございました。


◆今までの講演記録
開催日 講演内容
2009年度開催
2010年1月28日 第5回講演会  >>詳しくはこちら
演 題 「UMLを使った分析と検証 − 安全なシステムの設計指針を目指して」
講演者 小川 清氏
(名古屋市工業研究所 電子情報部 情報・デバイス研究室主任研究員)
2009年12月21日 第4回講演会  >>詳しくはこちら
演 題(1) 「モデル検査の普及活動と実践向64bitモデル検査器の開発」
講演者 早水公二氏(メルコ・パワー・システムズ株式会社 技術本部 品質保証推進室 モデル検査担当)
   《後半部分》篠崎孝一氏(関西電力)との連名発表。発表は早水氏による。
演 題(2):「産総研連携検証施設≪さつき≫の概要」
講演者:尾崎弘幸(組込みシステム技術連携研究体研究員)
2009年9月10日 第3回講演会  >>詳しくはこちら
演 題 「危機管理とCIOのリーダーシップ − 阪神大震災からNY9.11テロ、みずほ銀行システム統合、郵政民営化まで」
講演者 吉本和彦氏
元CSK−IS社長、現サステナビリティ・プラザ株式会社理事長
2009年7月30日 第2回講演会  >>詳しくはこちら
演 題 「ソフトウェアのテスト・検証プロセスとモデル検査」
講演者 小川秀人氏
株式会社日立製作所 中央研究所 組込みシステム基盤研究所 ES612研究ユニット 主任研究員
2009年6月26日 第1回講演会  >>詳しくはこちら
演 題 「JAXAにおける高信頼性ソフトウエア開発のためのモデル検査の実用化」
講演者 氏原頌悟氏
独立行政法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)情報・計算工学センター開発員
2008年度開催
2009年2月6日 第7回講演会  >>詳しくはこちら
演 題 「Bメソッドの概要と開発現場への技術導入」
講演者 堀 武司氏
北海道立工業試験場 情報システム部情報通信科
2009年1月29日 第6回講演会  >>詳しくはこちら
演 題 「フォールトプローンなソフトウェアモジュールのスパムフィルタを利用した検出手法」
講演者 水野 修氏
大阪大学大学院情報科学研究科
2008年12月19日 第5回講演会  >>詳しくはこちら
演 題 「VDMによる実システム開発」
講演者 佐原伸氏
株式会社CSKシステムズ理事:製造グループ VDM推進課
2008年12月5日 第4回講演会  >>詳しくはこちら
演 題 「モデル検査支援ツールとその導入事例の紹介」
講演者 小池隆氏
富士ソフト株式会社 技術本部 研究開発センター生産技術研究室室長
2008年10月23日 第3回講演会  >>詳しくはこちら
演 題 「国内外におけるフォーマルメソッドの産業応用動向」
講演者 粂野文洋氏
株式会社三菱総合研究所情報技術研究センター主任研究員・国立情報学研究所特任准教授
2008年9月18日 第2回講演会  >>詳しくはこちら
演 題 「最近の検証ツールおよびその実装の動向」
講演者 小川瑞史氏
北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科 教授
2008年6月19日 第1回講演会   >>詳しくはこちら
演 題 「Hardware-In-the-Loop Simulation (HILS) による制御ロジックの検証と自動車制御開発での発展」
講演者 有馬仁志氏
dSPACE Japan株式会社 代表取締役社長
2007年度開催
2008年2月7日 第7回講演会   >>詳しくはこちら
演 題1 「メモリリーク検出システム λ trace」
講演者 青島武伸氏
(松下電器産業株式会社 システムエンジニアリングセンター ソフト開発力強化第二チーム 主任技師)
演 題2 「機能安全対応のためのソフトウェア安全分析手法」
講演者 長谷部浩二、水口大知
システム検証研究センター研究員
2008年1月17日 第6回講演会   >>詳しくはこちら
演 題 「企業におけるフォーマルメソッドの紹介」
講演者 劉少英氏
法政大学情報科学部 コンピュータ科学科、情報科学研究科教授
2007年12月17日 第5回講演会   >>詳しくはこちら
演 題 「継続的な品質の”見える化”とツール適用の実際」
講演者 柿内博人氏(メルコ・パワー・システムズ株式会社 技術統括部)
      大西康夫氏(日本コンピュウェア株式会社 営業技術本部 第二システム部)
2007年11月22日 第4回講演会   >>詳しくはこちら
演 題 「C言語ソースコード検証へのモデル検査法の適用」
講演者 徳岡宏樹氏
日本電気株式会社 ソフトウェアエンジニアリング本部
2007年10月26日 第3回講演会   >>詳しくはこちら
演  題 「モバイル FeliCa IC チップ開発における形式仕様記述手法の導入」
講演者 栗田太郎氏
フェリカネットワークス株式会社 開発部
2007年9月27日 第2回講演会   >>詳しくはこちら
演  題 「組込みソフトウェアの高信頼化開発手法」
講演者 中本幸一氏 
兵庫県立大学大学院教授、名古屋大学大学院情報科学研究科附属組込みシステム研究センター特任教授 
2007年7月20日 第1回講演会    >>詳しくはこちら
演  題 「Model Checkingを適用した実践的非同期制御検証」
講演者 山本訓稔氏、服部彰宏氏 
富士ゼロックス株式会社オフィスプロダクト事業本部コントローラーソフトウェア開発部 
2006年度開催
2007年1月26日 第7回講演会    >>詳しくはこちら
演  題 「Real World of Software Testing」
講演者 高橋寿一氏 
「知識ゼロから学ぶソフトウェアテスト」の著者 
2006年12月21日 第6回講演会    >>詳しくはこちら
演  題 「航空機開発で採用されているモデル検証ツールとデモ」
講演者  浅野義雄氏
富士設備工業株式会社 電子機器事業部  取締役事業部長  
2006年11月16日 第5回講演会   >>詳しくはこちら 
演  題 「エンピリカルソフトウェア工学とEASEプロジェクト」
講演者 松本健一氏 
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 ソフトウェア工学講座 教授 
2006年10月06日 第4回講演会   >>詳しくはこちら
演  題 「ディペンダブルシステム − 高信頼システム実現のための耐故障技術」
講演者 米田友洋氏 
国立情報学研究所 アーキテクチャ科学研究系 教授 
2006年8月21日 第3回講演会 >>詳しくはこちら
演  題 「組込みソフトウェア検証における組合せテスト設計の戦略と技術」
講演者  石原一宏氏
バルテス株式会社 技術部 マネージャー 
2006年7月27日 第2回講演会 >>詳しくはこちら
演  題 「モデル検査技術に基づくUML設計検証ツールの紹介」
講演者 岸知二氏 
北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 特任教授
2006年7月6日 第1回講演会  >>詳しくはこちら
演  題 「次世代組込みシステムのためのソフトウェアプラットフォーム」
講演者 中島達夫氏  
早稲田大学理工学部コンピュータ・ネットワーク工学科 教授 
2005年度開催
2006年2月16日 第6回講演会  >>詳しくはこちら
演  題「状態遷移表モデル検査の概要と検査ツールの紹介」
講演者  
キャッツ株式会社 穴田啓樹氏
福岡県産業・科学技術振興財団福岡知的クラスター研究所 松本充広氏
2006年1月26日 第5回講演会  >>詳しくはこちら
演  題「最新の管理手法による製品品質の追跡 IBM Rationalが提案する統一変更管理(UCM)」
講演者  
日本アイ・ビー・エム株式会社
ソフトウェア事業 ラショナルテクニカルサポート&サービス 主任ITエンジニア 黒瀬美宏氏
2005年12月20日 第4回講演会  >>詳しくはこちら
演  題 「手書きによるコード記述からUMLモデリングによるコード生成へ IBM Rational RoseRealTime」
講演者  
日本アイ・ビー・エム株式会社 ソフトウェア事業 ラショナル・テクニカル・サポート 
主任ITエンジニア 石井通義氏 、主任ITスペシャリスト 苅部慎介氏 
2005年9月7日 第3回講演会  >>詳しくはこちら
演  題 「無限状態モデル検査−概要と事例報告-」
講演者  奈良先端科学技術大学院大学   情報科学研究科  教授  関浩之 
2005年7月28日 第2回講演会  >>詳しくはこちら
演  題  「形式手法・形式検証を適用したセーフティークリティカルな組込み制御アプリケーションの開発事例紹介
講演者  株式会社シーディー・アダプコ・ジャパン   複合解析技術室  小西晃輔氏 
2005年4月25日 第1回講演会    >>詳しくはこちら
演  題  「定理証明システムとソフトウェアの検証への応用」
講演者  北陸先端科学技術大学院大学  情報科学研究科    助手  青木利晃
2004年度
2005年2月7日 第5回講演会    >>詳しくはこちら
演  題  「形式手法と振舞いの検証」
講演者  東京大学大学院総合文化研究科  広域システム科学系    教授  玉井哲雄
2004年12月3日 第4回講演会
演  題  「ソフトウェアプロジェクトマネジメントにおけるリスク予測の取り組み」
講演者  大阪大学中之島センター センター長
           大阪大学大学院情報科学研究科  情報システム工学専攻    教授  菊野亨
2004年10月6日 第3回講演会
演  題  「組み込みシステムの検証について」
講演者  名古屋市工業研究所    情報技術研究所   小川清氏 
2004年7月14日 第2回講演会
演  題  「実時間システムのパラメトリック解析とその応用」
講演者  大阪大学大学院  情報科学研究科    助教授  中田明夫
2004年4月23日 第1回講演会
演  題  「ソフトウェアテストの基礎」
講演者  香川大学  工学部信頼性情報システム工学科    教授  古川善吾
2003年度開催
2004年3月3日 第5回講演会
演  題  「CafeOBJとそれを用いた対話的なシステム検証技法」
講演者  北陸先端科学技術大学院大学    教授  二木厚吉
2003年12月17日 第4回講演会
演  題  「社会での基幹情報システムの品質保証と形式的検証技術」
講演者  株式会社日立製作所  居駒幹夫氏 
2003年11月10日 第3回講演会
演  題  「アクティブオブジェクトへのプロセス代数の応用」
講演者  日本アイ・ビー・エム株式会社  ラショナル事業部ソフトウェアエンジニアリング
            スペシャリスト  藤倉俊幸氏 
2003年10月6日 第2回講演会
演  題  「ソフトウェアテストの動向」
講演者  電気通信大学  電気通信学部システム工学科    講師  西康晴
2003年9月11日 第3回研究会
議  題  「モデル検査技術適用によるソフトウェア産業の競争力強化への期待」
講演者  メルコ・パワー・システムズ株式会社  若野芳仁氏 
2003年7月10日 第2回研究会
議  題   ・種々のモデル検査ツールの特徴と比較
            ・DNS2003でのチュートリアルについて
            1.タイムトリガードアーキテクチャー
            2.UMLに基づいた高信頼性モデリングと評価
2003年6月2日 第1回講演会
演  題  「リアルタイムスケジュール理論とそれを用いたリアルタイム性検証」
講演者  名古屋大学大学院  情報科学研究科情報システム専攻    教授  高田広章
2003年4月21日 第1回研究会
議  題   1)産総研で行っているシステム検証の取り組みの発表
            2)今後の研究会の運営についての話し合い
2002年度開催
2003年3月10日 第6回講演会
演  題  「ソフトウェア開発へのモデル検査技法の応用」
講演者  法政大学  教授  中島震
2003年2月20日 第5回講演会
演  題  「マイクロプロセサ内臓システムLSIの設計検証」
講演者  三菱電機システムLSI事業化推進センター  清水徹氏 
2003年1月15日 第4回講演会
演  題  「法定計量とシステムの認証」
講演者  産業技術総合研究所 計測標準研究部門副部門長  田中充氏 
2002年11月22日 第3回講演会
演  題  「Safety critical softwareの検証に向かって」
講演者  東京大学  教授  萩谷昌己
2002年10月9日 第2回講演会
演  題  「形式的技法のLSI設計への応用−利用状況と今後の展望−」
講演者  東京大学  教授  藤田昌宏
2002年9月10日 第1回講演会
演  題  「What's Verification? システム設計検証技術の概説」
講演者  神戸大学  教授  林晋

本研究会は会員制です。産総研の承認を得た企業、学会、独立行政法人等の研究機関、大学及び関係機関は、法人としてこの研究会の会員となることもできますし、産総研の承認を得た個人も会員となることができます。ただし、研究会の事業の運営に必要な経費を年会費として分担していただきます。年会費は法人は年額一構成員あたり10万円(税込み)とし、個人は無料です。企業在籍の方は原則として法人会員としてのご参加をお願いいたします。(運営細則)
本研究会への参加申込、詳しい案内、お問い合わせはシステム設計検証技術研究会事務局へお願いいたします。


産総研ホーム > 組織 > 研究センター > システム検証研究センター
Copyrights (C) 2005-2010 AIST Research Center for Verification and Semantics, All Rights Reserved.