CVS

center-name

AIST
 センター長挨拶Policy Statement研究テーマ研究活動研究成果Technical Reports書籍共同研究集会支援English
 研修コース ・ニュースレター ・CVS Staff ・アクセス 採用情報  ・お問い合わせ ・更新履歴 ・プレスリリース ・カレンダーHOME 

System Design Verification Technique Research Consortium

システム設計検証技術研究会 平成20年度第3回講演会

平成20年度第3回目のシステム設計検証技術研究会を終了いたしました。講演者の粂野様、そしてご参加いただきました32名の皆様にお礼申し上げます。

●日 時:10月23日(木)16:00-18:00
●講演者: 粂野文洋氏(株式会社三菱総合研究所情報技術研究センター主任研究員・国立情報学研究所特任准教授)
●演 題:「国内外におけるフォーマルメソッドの産業応用動向」
●概 要:フォーマルメソッドは、欧米を中心として、航空・宇宙、鉄道エネルギーなど重要インフラを始め、OS、組み込みシステム、セキュリティの分野でも適用が進みつつある。独立行政法人 情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センターでも、高信頼システムの構築技術としてフォーマルメソッドに着目し、その実適用に関する調査研究を昨年度から始めている。昨年度は国際会議等の論文から海外における30以上の産業応用事例や自動車分野への導入プロジェクトを調査するとともに、欧州の企業・大学へのヒアリング、国内における導入企業に対するヒアリングを行い、導入の成功要因や課題をまとめている。本講演では本調査の結果を紹介する。 また、経済産業省から、情報システムの信頼性向上に関するガイドライン第2版(案)が9月30日に公開され、パブリックコメントの募集が始まっている。本ガイドラインの改訂プロジェクトに従事した経験に基づき、本ガイドラインの概要を説明するとともに、信頼性向上におけるフォーマルメソッドの役割についても議論したい。 
●会 場: 産業技術総合研究所 システム検証研究センター 千里オフィス6F会議室

Mr.Kumeno
粂野氏
Lecture
講演風景



産総研ホーム > 組織 > 研究センター > システム検証研究センター
Copyrights (C) 2005-2009 AIST Research Center for Verification and Semantics, All Rights Reserved.