CVS

center-name

AIST
 センター長挨拶Policy Statement研究テーマ研究活動研究成果Technical Reports書籍共同研究集会支援English
 研修コース ・ニュースレター ・CVS Staff ・アクセス 採用情報  ・お問い合わせ ・更新履歴 ・プレスリリース ・カレンダーHOME 

System Design Verification Technique Research Consortium

システム設計検証技術研究会 平成20年度第1回講演会

平成20年度第1回目のシステム設計検証技術研究会を終了いたしました。講演者の有馬様、そしてご参加いただきました31名の皆様にお礼申し上げます。

●日 時: 6月19日(木)16:00-18:00
●講演者: 有馬仁志氏 (dSPACE Japan株式会社 代表取締役社長)
 デモンストレーター: クリスチャン バウアー氏、太田代優氏、吉岡大助氏
●演 題: 「Hardware-In-the-Loop Simulation (HILS) による制御ロジックの検証と自動車制御開発での発展」
●概 要: 1台の自動車に搭載される、いわゆる車載コントロールユニット(ECU)と実装されるソフトウエアは、安全・環境対策にかかわる部分だけでなく、車両機能の増大と快適装備の要求により年々高機能化、ネットワーク化している。それとともに車載ソフトウエアの検証に必要な工数も増大しており、安全確保や品質向上、期間の短縮化、 コストの面から新たな検証方法が求められていた。従来は実車やベンチシステムを使用した検証方法が主流だったが、現在ではHILSを使用した自動テストをあわせて使用することが業界標準となりつつある。本講演ではHILS の概要を簡単に紹介。また自動車制御開発にかかわるHILSによるECUと実装ソフトウエアの検証の実例を挙げ、HILS のメリットやトレンドについて説明する。 
●会 場: 産業技術総合研究所 システム検証研究センター 千里オフィス6F会議室

Mr.Arima
有馬氏
Lecture
講演風景
Mr.Bauer
クリスチャン バウアー氏
Mr.Yoshioka
左より吉岡氏、太田代氏、有馬氏



産総研ホーム > 組織 > 研究センター > システム検証研究センター
Copyrights (C) 2005-2009 AIST Research Center for Verification and Semantics, All Rights Reserved.