CVS

center-name

AIST
 センター長挨拶Policy Statement研究テーマ研究活動研究成果Technical Reports書籍共同研究集会支援English
 研修コース ・ニュースレター ・CVS Staff ・アクセス 採用情報  ・お問い合わせ ・更新履歴 ・プレスリリース ・カレンダーHOME 

System Design Verification Technique Research Consortium

第5回講演会

2005年初めの講演は東京大学大学院総合文化研究科広域システム科学系の玉井教授にお願いいたしました。
今回より場所をCVSの千里オフィス(大阪府豊中市)に移し、27名の会員の皆様にご参加いただきました。

日 時:   平成17年2月7日(月) 15:00〜17:00
講演者:  東京大学大学院総合文化研究科 広域システム科学系  教授  玉井哲雄氏
演 題:   「形式手法と振舞いの検証」
内 容 :
形式手法とは数学や論理学に基づいた形式的な方法でソフトウェアの仕様を記述し、またそれにもとづいて系統的にプログラムを設計し開発する手法をいう。厳 密な仕様を書くだけでも充分な効果がありうるが、さらに仕様からプログラムを自動生成したり、仕様やプログラムを検証する技術との結びつきが期待できる。 この講演ではとくに組込みシステムなどの応答的なシステムの振舞いについて、形式手法によって検証する手法に焦点を当て、なるべく具体的に説明する。

会 場:   産業技術総合研究所 システム検証研究センター 千里オフィス6F会議室

Prof.Tamai Lecture


産総研ホーム > 組織 > 研究センター > システム検証研究センター
Copyrights (C) 2005-2009 AIST Research Center for Verification and Semantics, All Rights Reserved.