計算機言語談話会について

計算機言語談話会 (Computer Language Colloquium, 略称 CLC)は、 計算機言語(プログラミング言語、仕様記述言語、証明記述言語その他) に関する理論、言語設計、処理系作成などの研究の話を産総研内外の人にしていただくためのものです。 どなたでも御来聴を歓迎します。


最近の講演記録 

第二百四十六回 (2010/7/2)
Frederic Peschanski (The Pierre et Marie Curie University of Paris 6):Principles and Practice of Computing with the pi-calculus
第二百四十五回 (2010/6/10)
佐藤主税(産総研バイオメディカル研究部門構造生理研究グループ):透過型と走査型の電子顕微鏡による脳研究 : 顕微鏡と画像処理を組み合わせたアプローチ
第二百四十四回 (2010/4/22)
John Hughes(Chalmers University of Technology, CEO at Quviq AB):An experiment to evaluate property-based testing against unit testing
Colin Runciman(University of York, England):TBA
第二百四十三回 (2010/4/13)
Thomas Genet(IRISA/Universite de Rennes 1/ France):Reachability Analysis of Rewriting for Software Verification
第二百四十二回 (2010/4/7)
Andreas ABEL(INRIA, Projet Pi.R2):Normalization by Evaluation for Typed and Untyped Lambda-Calculus
池上大介(産業技術総合研究所組込みシステム技術連携研究体):Software Testing based on Combinatorial Optimization
第二百四十一回 (2010/2/4)
石井大輔(早稲田大学理工学術院情報理工学科):区間制約プログラミングにもとづくハイブリッドシステムの有界到達性解析
第二百四十回 (2009/12/17)
一杉裕志(産総研脳神経情報研究部門):脳とベイジアンネット

過去の講演の内容は 講演記録 を御覧下さい。